スキップしてメイン コンテンツに移動

投稿

注目

NBAドラフト2018:トレー・ヤングをステファン・カリーと比較。

*No Caption Needed pic.twitter.com/oh0W0sX8dv — Trae Young (@TheTraeYoung) 2018年5月9日
史上初の同シーズンでの得点王、アシスト王同時受賞を達成したオクラホマ大のトレー・ヤング。
広いシュートレンジと創造性溢れるプレーから、NBAのスーパースターであるステファン・カリーにも例えらた今季のカレッジの主役の1人。

シーズンが進むに連れ、ヤングに対するディフェンスは日増しに強まり、シーズン後半には苦戦をしましたが、チームをNCAAトーナメント出場に牽引しました。
NCAAトーナメントでは1回戦で敗退し、NBAドラフトへのアーリーエントリーを表明しました。


最新の投稿

NBAドラフト2018:身体測定結果で見る今年のドノバン・ミッチェル候補。

NBAドラフト2018:ジャレン・ジャクソンJrをマイルズ・ターナーと比較。

NBAドラフト2018:ウェンデル・カーターJrをアル・ホーフォードと比較。

NBAドラフト2018:ドラフト上位候補の身体測定結果。

NBAドラフト2018:デューク大の大黒柱、グレイソン・アレン。

NBAドラフト2018:名門UNCのマルチプレイヤー、ティオ・ピンソン。

NBAドラフト2018:カレッジトップレベルのショットブロッカー、サガバ・カナテ。

NBAドラフト2018:NCAAトーナメントのシンデレラボーイ、ドンテ・ディビンチェンゾ。

class of 2018の推しメンTOP3。

class of 2018最後の大物、ロミオ・ラングフォードはインディアナ大に進学へ。