2018年1月22日月曜日

ザイオン・ウィリアムソンがデューク大に着地。


高校屈指のダンカーとして、世界中にその名を知られるザイオン・ウィリアムソン。
今年、高校最上級生の彼の進路に関してはかねてから注目が集まっていました。
多くの注目が集まる中、ウィリアムソンが遂に進路を発表。

事前予想では、継父の出身校である地元サウスカロライナ州のクレムゾン大が有力と見られていましたが、ウィリアムソンが選んだ進学先はまさかのデューク大。
これでデューク大はR.J・バレット、キャメロン・レディッシュ、ウィリアムソンとESPNランキングのTOP3全てを獲得。
トレ・ジョーンズを含め、マクドナルドオールアメリカンを4名獲得するという異次元のリクルートを実現しました。
Read More

2018年1月20日土曜日

今年もバーガーボーイズが出揃いました。


アメリカ中の優秀な選手を選出し開催される、高校バスケ最大のオールスターゲームの1つ、マクドナルドオールアメリカン。選出された選手はスポンサーのマクドナルドにちなみ、"バーガーボーイ"とも呼ばれるこのイベント。

今年もTeam EastとTeam West、計24名のバーガーボーイズ達が発表されました。
今回は今年のバーガーボーイズ全24名を紹介します。
Read More

2018年1月15日月曜日

ザイオン・ウィリアムソンが獅子奮迅の活躍を見せるもChino Hillsに敗戦。


バスケットボールの殿堂"The Naismith Memorial Basketball Hall of Fame"で開催される招待試合であるHoop Hall Classic。
毎年、その年の注目校が招待され開催さるこのイベントですが、今年はその中の1試合として、ザイオン・ウィリアムソン擁するSpartanburg Day High Schoolと、ボール兄弟の所属校であったChino Hills High Schoolの試合が実現。

本来であれば、Chino Hillsにはボール兄弟の3男、ラメロ・ボールが在籍しているはずでしたが、既に退学しリトアニアに渡ってしまいました。
それでも、Chino Hillsにはclass of 2019の注目選手、オニエカ・オコングーがおり、オコングーとウィリアムソンの対戦に注目が集まりました。
Read More

2018年1月8日月曜日

カレッジシーズンが本格化。上位校が敗れる波乱が続く。

(twitter:@MSU_Basketball)
年末から同カンファレンス同士のチームが対戦する"カンファレンスゲーム"が始まり、カレッジシーズンも本格化。
メジャーカンファレンスに所属するチームは強豪校同士の対戦が続き、ランキング上位校であっても気の抜けない試合ばかりです。

メジャーカンファレンスの1つであるBig Tenに所属し、目下APランキング1位にランクされるミシガン州立大(MSU)も、ランク外のオハイオ州立大に80-64で完敗。
メジャーカンファレンス内は下位校であっても上位校を食う実力を備えており、カレッジバスケはここから今まで以上に熾烈な争いが展開されていきます。
Read More

2018年1月6日土曜日

ザイオン・ウィリアムソンの進路が1月20日に公表へ。


世界で最も有名な高校生バスケットボールプレーヤーの1人、ザイオン・ウィリアムソン。
今季は怪我で11月21日以降欠場中のウィリアムソンですが、自身のtwitterで1月20日進路を発表することを明らかにしました。

class of 2018のESPNランキングでは、学年全体3位にランクされるウィリアムソン。
進学先の候補には数々の強豪校が並び、ケンタッキー大、デューク大、カンザス大、ノースカロライナ大の4校には公式訪問済み。

数ある候補の中からウィリアムソンがどのチームを選択するか、大きな注目が集まります。
Read More

2018年1月3日水曜日

高校バスケ界随一のセレブチーム、Sierra Canyon School。

(sierracanyonathletics.com)
シャックの息子シャリーフ・オニールを始め、2世選手の活躍が目立つアメリカ高校バスケ。
その中でも今季のSierra Canyon Schoolには多くの2世選手が集まっています。
昨季はデューク大のマービン・バグリーもプレーしたSierra Canyon。
俳優のウィル・スミスの娘や、リアリティショーで人気を博すジェンナー姉妹などのセレブも通ったカリフォルニア州の私立校です。

昨季の主力の多くは卒業でチームを去りましたが、今季も多くの有望選手が加入。
その加入した選手がNBA選手の2世や親戚揃いで、Sierra Canyonは全米随一のセレブチームとなりました。
Read More

2018年1月2日火曜日

シャックの息子シャリーフはオールラウンドに成長中。


NBAのレジェンドプレーヤーであるシャキール・オニールの息子、シャリーフ・オニール。
シャリーフはサンタモニカのCrossroads Schoolでプレーするclass of 2018の選手。
class of 2018のESPNランキングでは24位にランクされ、五つ星評価を受ける有望株であり、カレッジの強豪アリゾナ大への進学も決定済。

父のシャック程のサイズは無いものの身体能力が高く、アウトサイドシュートも決めるオールラウンドタイプとして評価を受ける選手。
シャリーフ以外にサイズのある選手がいないチーム事情の為、チームではインサイドでプレーしていますが、着実な成長を見せています。
Read More

2017年12月31日日曜日

アメリカのトップ高校生を日本の学年に当てはめると?


日本でも高校バスケ最大の大会ウインターカップが終了。
今年の高校バスケのシーズンは宮城の明成高校の優勝で幕を閉じました。

アメリカでは小学校入学の年齢がズレがあったり、学年変更があったりで日本程学年が厳密では無く、日本の高校生とアメリカの高校生を比較する時ちょっと面倒。
例えば、今年の高校最上級生はclass of 2018の選手達ですが、class of 2018の中でも年齢はマチマチ。
純粋に日本の高3に当てはめることは出来ません。

今回は日本の高校生の年齢(高3であれば1999年4月~2000年3月生れ)に当てはめて、アメリカの高校トップ選手を紹介してみようと思います。
Read More

ディアンドレ・エイトンが23得点19リバウンド。アリゾナ大がアリゾナ頂上決戦を制す。

(arizonawildcats.com)
オクラホマ大のトレー・ヤングが39得点14アシスト、デューク大のマービン・バグリーが32得点21リバウンドとフレッシュマンの活躍が相次いだこの日。
2018年NBAドラフトでトップ指名有力候補に挙げられるアリゾナ大のディアンドレ・エイトンも上記2人に劣らない活躍を見せました。

エイトン擁するアリゾナ大は所属カンファレンスPac-12のカンファレンスゲーム初戦でアリゾナ州立大と対戦。
アリゾナ大はシーズン12勝0敗の戦績でAPランキング3位にランクイン。
同じくAPランキング17位のアリゾナ大とのアリゾナ頂上決戦となりました。

前半で39-37とリードを奪ったアリゾナ大。
後半開始5分で2桁リードを得ると、そこから幾度もアリゾナ州立大の追撃を受けますがリードを譲らず。
84-78でアリゾナ州立大にシーズン初黒星を付けました。

今季開幕前にはFinal4の有力候補に挙げられたアリゾナ大でしたが、シーズン序盤に3連敗を喫するまさかの立ち上がりでしたが、そこから立て直し8連勝中。
怪我で開幕に出遅れたロウリー・オルキンスも期待以上のプレーを見せており、アリゾナ大はここから本来の力を見せてくれそうです。
Read More

マービン・バグリーが32得点21リバウンド。デューク大はカンファレンスゲーム今季初勝利。

(goduke.com)
トレー・ヤングの活躍が大きく取り上げられていますが、デューク大のマービン・バグリーもヤングに負けない活躍を続けています。

APランキングで全米4位にランクされるデューク大は所属カンファレンスACCのカンファレンスゲームでAPランキング24位のFSUと対戦。
デューク大はカンファレンスゲーム初戦で格下ボストンカレッジにまさかの敗戦を喫しており、この試合に負ければカンファレンスゲーム2連敗となります。

試合は終始リードが入れ替わる激戦。
バグリーが21本、ウェンデル・カーターJrが16本のリバウンドを奪い、リバウンドで53-35と圧倒的優位に立ったデューク大が100-93で接戦を制しました。
Read More